10/1 光州訪問

勤労挺身隊ハルモニと共にする市民の会
           10万希望リレー 署名活動


9月30日市民の会の事務所を訪問し、金熙鏞代表や李国彦事務局長からこの間の活動についてお話を聞かせていただきました。

光州市の「勤労挺身隊ハルモニと共にする市民の会」は2008年名古屋三菱訴訟最高裁判決後、原告らハルモニたちの痛みを共感する市民らによって結成されました。
光州市役所前の三菱自動車販売所前で毎日1人デモ (実際には10人前後)を一日も欠かすことなく208日間続け、ついに販売所を閉鎖に追い込みました。また、三菱への10万署名運動を展開し、大挙訪日団を組織して三菱株主総会へも参加し、昨年6月三菱重工業を交渉の場に引き出しました。

b0156367_1738493.jpg

                   無等山ふもとでの署名活動

10月1日、彼らが毎週土日に行っている、無等山(ムドゥンサン)の麓での署名活動にも参加しました。この「10万希望リレー」署名活動・1000ウォンカンパ運動は、交渉に踏みきったものの不誠実な対応に終始する三菱と、航空宇宙産業や電力事業で戦犯企業三菱重工と取り引きする韓国政府に対する圧力としてはじめられ、すでに13万以上の署名が集められています。

b0156367_1738207.jpg

                      代表の金熙鏞さん

代表を中心に、2年間の解雇撤回闘争を闘って先日勝利を勝ちとったというタクシー運転手・運営委員の閔(ミン)さんや若い会員の方たちが登山客ひとりひとりに声をかけ、情熱をもって活動している姿がとても印象的でした。登山客の多くがチラシを手に取り、進んで署名やカンパに応じていました。市民の関心は高く、不二越の課題についても、もっと韓国社会で訴えることの必要性を痛感しました。
by fujikoshisosho | 2011-10-10 17:44 | 韓国レポート


第二次不二越強制連行・強制労働訴訟を支援する北陸連絡会  連絡先  メールhalmoni_fujikoshisoson@yahoo.co.jp   電話 090-2032-4247 住所 〒090-0881富山市安養坊357-35


by fujikoshisosho

プロフィールを見る
画像一覧

更新案内

11月15日、東京本社行動と集会のご案内

カテゴリ

不二越強制連行・強制労働とは
第二次訴訟年譜
原告の証言
国内での抗議行動レポート
韓国レポート
寄稿
関連1. 第一次訴訟
関連2. 外国籍差別問題
関連3. 原発と不二越訴訟
不二越会社動向
日韓交流
関連動向
出版物の販売
連絡会ニュース
リンク集
企画
問い合わせ

最新の記事

11月15日、不二越東京本社..
at 2017-10-22 16:53
11月15日、東京集会
at 2017-10-16 14:08
三菱重工に賠償命じる 201..
at 2017-09-06 15:51
2017.7.29~8.2 ..
at 2017-09-06 15:51
2017.7.31 不二越正..
at 2017-09-06 15:50

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
more...

検索

ブログパーツ

画像一覧

ブログジャンル

法律・裁判
歴史