カテゴリ:不二越会社動向( 6 )

2014.3.19 不二越、カルテルで欧州委員会から制裁金

欧州で自動車向けベアリングのカルテルを行ったとして、3月19日、不二越と不二越のドイツ子会社NACHI EUROPE GmbHが、NTN・日本精工などとともに欧州委員会から制裁金を科されました。不二越への制裁金は395万6000ユーロ(約5億5800万円)。各メディアがこの件について報道しています。

不二越の企業倫理がますます問われます。「儲かればいい」という反省なき企業の進出を、世界は許さないでしょう。
by fujikoshisosho | 2014-03-21 18:57 | 不二越会社動向

2013.3.29 カルテルで不二越に課徴金 約5億900万円

ベアリングカルテル事件で3月29日、不二越を含む3社に、公正取引委員会により排除措置命令が出されました。不二越には課徴金約5億900万円(3社計133億6587万円)の納付が命じられています。
by fujikoshisosho | 2013-03-30 18:42 | 不二越会社動向

2012.12.28 カルテルで不二越に有罪判決

12月28日、ベアリングカルテル事件で、東京地裁は不二越に有罪判決を下しました。
会社に1億8000万円の罰金、起訴されていた元取締役・元軸受企画部副部長に執行猶予つきの懲役刑が言い渡されています。
by fujikoshisosho | 2012-12-30 18:52 | 不二越会社動向

2012.8 不二越、アメリカで訴えられる

不二越とその子会社「NACHIアメリカ」が、「ベアリングの取引に関する競争を制限した」などとして、アメリカの取引先から集団訴訟に訴えられました。8月20日、NACHIアメリカに米国ミシガン州東部地区連邦地方裁判所から訴状が送られたそうです。日本とヨーロッパで不二越と価格カルテルを結んでいた他企業も訴えられています。

アメリカでは不二越とNACHIアメリカに対して同様の訴訟が提起されているとのことで、今後、不二越のアメリカでの取引に大きな影響が出ることは必至です。

参考:「朝日新聞」8月28日付記事
http://www.asahi.com/business/update/0828/TKY201208280483.html
by fujikoshisosho | 2012-09-04 19:03 | 不二越会社動向

2012.6.14 不二越、ベアリングカルテルで起訴

ベアリングカルテル事件で、2012年6月14日、不二越など3社が独占禁止法違反で起訴されました。役員ら7名(うち不二越2名)が在宅起訴です。

しかし、これは不二越の犯罪的な企業体質の根本を変えるものではありません。
起訴された常務取締役は、ベアリングの価格を8~10%値上げするカルテルを結んだ功績で、2011年に常務取締役に昇格し、2012年4月16日に、取締役のまま高い退職金をとって辞めました。不二越の組織ぐるみの犯罪であることは明確です。

今回の事件で、戦犯企業の体質の一端が世に出はしましたが、不二越は国と一体で収束を図っています。
しかし、敗戦時に賃金をネコババした強制連行企業に時効はありません。私たちは、その責任を問い続けます。
by fujikoshisosho | 2012-06-15 14:15 | 不二越会社動向

2012.4 不二越など価格カルテル、刑事告発へ

不二越など4社が価格カルテルを結んでいたとして、4月20日、東京地検特捜部は独占禁止法違反容疑で不二越東京本社などを家宅捜索しました。23日には富山市の本社にも家宅捜索が入っています。

~~~以下、4月20日産経新聞配信記事

ベアリングカルテル 日本精工など大手メーカー捜索 東京地検

 自動車の部品などに使われるベアリングの販売をめぐって価格カルテルを結んだ疑いが強まったとして、東京地検特捜部は20日、独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で、大手機械部品メーカーの日本精工(東京)本社など関係先数カ所の家宅捜索に乗り出した。特捜部は押収した資料を分析してカルテルの実態解明を進め、メーカー担当者らを立件する方針。

 カルテルについては公正取引委員会が同罪での告発に向けた準備を進めていて、告発前の捜索は異例。特捜部は証拠隠滅の可能性があるなどと判断し、早期の捜索に踏み切ったもようだ。

 カルテルに関与したとされるのは日本精工以外に、NTN(大阪)、ジェイテクト(愛知)、不二越(富山)の計4社。関係者によると各社は平成22年6月ごろ、協議するなどして自動車向けベアリングを1キロ当たり約20円、産業機械向けを約8%値上げすることで合意。翌7月ごろから一斉に値上げした疑いなどが持たれている。値上げする方針は各社の役員間で合意し、その後に部長級以下の担当社員が値上げ幅などを協議して決めていたとみられている。

 ベアリングは「軸受け」とも呼ばれる部品で、回転する機械に組み込まれて摩擦を減らす効果がある。産業機器から家電まで幅広い分野で使われていて、約4000億円とされる市場規模のうち、4社が約8割のシェアを占めている。

 公取委は価格を調整したことが国民生活に与える影響が大きいと判断し、昨年7月に強制調査に着手。特捜部も今月に入ってメーカーの担当者から任意で事情聴取を始めていて、一部の関係者がカルテルへの関与を認めていた。
by fujikoshisosho | 2012-04-23 18:36 | 不二越会社動向


第二次不二越強制連行・強制労働訴訟を支援する北陸連絡会  連絡先  メールhalmoni_fujikoshisoson@yahoo.co.jp   電話 090-2032-4247 住所 〒090-0881富山市安養坊357-35


by fujikoshisosho

プロフィールを見る
画像一覧

更新案内

3月16日、韓国第三次不二越訴訟の一審判決が出されました。第一次、二次に続き、原告勝訴判決!!

カテゴリ

不二越強制連行・強制労働とは
第二次訴訟年譜
原告の証言
国内での抗議行動レポート
韓国レポート
寄稿
関連1. 第一次訴訟
関連2. 外国籍差別問題
関連3. 原発と不二越訴訟
不二越会社動向
日韓交流
関連動向
出版物の販売
連絡会ニュース
リンク集
企画の案内
問い合わせ

最新の記事

7/29~8/2 韓日青少年..
at 2017-07-23 20:09
大法院判決から5年、不二越訴..
at 2017-06-01 13:30
韓国不二越第3次訴訟一審 原..
at 2017-03-17 11:47
韓国不二越第3次訴訟一審 原..
at 2017-03-17 11:47
株主総会 原告来日 2017..
at 2017-02-24 18:25

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
more...

検索

ブログパーツ

画像一覧

ブログジャンル

法律・裁判
歴史