<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

3月訪韓報告 各地で原告や市民団体と交流

今回の訪韓は、できるだけ多くの原告とお会いすることと、原告の住む地域の女性団体や市民団体と交流し、韓国内で不二越支援の運動を模索することでした。原告団23人全員にお電話し、そのうち8人とお会いしました。皆さんが地震のことを心配されていました。電話で金栄哲さんが昨年11月にお亡くなりになっていたことがわかりました。これで5人の方が亡くなられました。本当に残念です。

仁川-軍浦 

3月8日、仁川空港に到着すると仁川市在住の李慈順さんご夫妻が出迎えてくださいました。大邱の岡田さん(啓明文化大学教授)も合流してコーヒーをご馳走になりながら近況報告しました。李慈順さんご自身も腰痛を抱えていますが、ソウルまでなら出かけることができるとソウル近郊の原告が集まるように、その場で原告に電話してくれました。

その後、高速バスで1時間ほど、軍浦へ移動しました。李大洙さんと合流し、軍浦在住の原告金啓順さんのお宅へ。金啓順さんは、お孫さんと二人暮らしで、提訴の時小学生だったお孫さんはもう大学生になっていて、時間の経過を実感しました。
b0156367_17555623.jpg

         3月8日、軍浦。左から岡田さん、李大洙さん、金啓順さん

ソウル

3月9日、ソウルに向かい、東北アジア歴史財団を訪問し、夕方、推進協議会の李熙子さんと今後についての打ち合わせをしました。

水原

3月10日、水原で原告の金明培さんと京畿女性団体など3つの女性団体との交流会に参加しました。国際婦人デーの準備でお忙しい中、たくさんの方が参加してくださいました。名古屋三菱女子勤労挺身隊のビデオを上映した後、李大洙さんが不二越に関心を持った経過を説明。今年1月に富山に行き連絡会との交流を持ったこと、名古屋三菱の問題は最高裁で棄却された後、日本の支援とともに光州で市民の運動がつくられ、そうした力で三菱との交渉に至った。同じ課題の不二越についても光州のような支援運動が必要である。不二越など強制連行問題の解決は、単に被害者の救済ということだけでなく、東北アジア全体の未来と平和の問題であると訴えられました。
b0156367_17592978.jpg

                 3月10日水原、女性団体との交流会

全州

3月11日は全州へ。崔姫順さんと朴潤廷さんにお会いしました。崔姫順さんとは去年3月来日闘争以来です。昨年腰の手術をしたとお聞きし、心配していました。亡くなった妹さんが不二越に強制連行された朴さんとは3年ぶりの再会でした。腰がさらに曲がって自分で立っていることができない状態でした。この日は全州の市民団体の方が送迎してくださり、お会いすることができました。不二越の強制連行問題については初めて知ったという全北女性センターの方が、崔さんの話を熱心に聞いていました。
b0156367_18125789.jpg

b0156367_18131590.jpg

全州は東学農民革命発祥の地で記念会館があり、中には当時の資料が展示されている。
b0156367_18141063.jpg

b0156367_1814441.jpg

            全州はビビンバで有名、古い韓国の村が残っている。
b0156367_18152745.jpg
b0156367_1815438.jpg

b0156367_18405241.jpg

                村の可愛い番犬?

大邱(テグ)

3月12日ソウルから高速鉄道KTXで大邱に向かいました。韓国ドラマに良く出てくる釜山行きのセマウル号で、大邱まで3時間近くかかりました。大邱在住の昨年富山大学を卒業した留学生の林さんと会い、彼女と一緒に岡田さんが声をかけてくださった韓国原爆二世患友会の方や崔ボンテ弁護士などの待つ交流会に参加しました。仙台から青柳さん夫妻が「慰安婦」被害者の李容洙さんとともに合流してくださいました。地震の前日に訪韓した青柳さんは自宅がどうなっているのかもわからず、女川原発のすぐ近くに住む「在日」元日本軍慰安婦の宋神道さんの安否をとても心配していました。(宋さんの安否は10日後に確認されました)
b0156367_1817273.jpg

笑顔の素敵な李容洙さん

私からクローバーの会作成のパワーポイントを使って不二越強制連行について説明をし、林さんに通訳をお願いしました。交流会の後、原爆二世の陳さんとお話しました。戦時中、彼女の祖父が広島に住んでおり、母親が2歳の時に広島で被曝し、40代の彼女は被曝2世。彼女も甲状腺の障害や体調不良に悩んでいるそうです。被曝二世は癌やさまざまな病気で苦しんでいるにもかかわらず、何の補償もされていない現実があります。私自身にとってもとても貴重な交流会でした。
b0156367_1817262.jpg

大邱の交流会。司会は岡田さん(右)

釜山-昌原-馬山

翌3月13日、釜山に向かい、原告の柳賛伊さんにお会いしました。とてもお元気でした。
b0156367_1817597.jpg

不二越強制連行当時の話をする柳賛伊さん

彼女は真相糾究明委員会から供託金に関する連絡がきたと書類を持ってこられました。韓国では真相糾究明委員会が昨年3月に日本政府から渡された供託金名簿を分析し、1円あたり2000ウォンに換算し、韓国政府が被害者に支払うことになっています。昨年11月から支払いが始まっていますが、柳さんの手元に届いた文書では、供託名簿にはあるが供託金はないとのことでした。他の原告にはまだ書類が届いていませんが、不二越は供託金もごまかしていますから、対応を検討したいと思います。

その後、長年関釜裁判を支援してこられた金文淑さんや、釜山女性団体連合の方ともお会いしました。

b0156367_18184634.jpg

2月28日昌原大学で講演するアンヒスさん

そして、釜山から昌原市(馬山市は合併され現在は昌原市)に電車で移動し、勤労挺身隊問題を取り上げ継続的な活動を行っている昌原市議チェミニさん(民主労働党)らとお会いしました。馬山在住の原告アンヒスさんや名古屋三菱原告の原告を招いて2月28日、昌原大学で集会を行い、それが地元マスコミで流れたそうです。昌原市からは150名が不二越に動員されています。チェミニさんはアンヒスさんと一緒に富山に来たいという希望を持っていらっしゃるのでぜひ実現させたいと思います。


 夕食後、チェミニさんが車でアンヒスさんの自宅まで送ってくださいました。アンヒスさんと来日について相談し、体調問題はありますが、気候が良くなれば来日は可能だということでした。この日は馬山に宿泊し、14日翌朝アンヒスさんにご挨拶をして、ソウルに向かいました。
b0156367_1819254.jpg

              昌原チェミニさん(左から2番目)らと

再びソウル

ソウル近郊にお住まいの原告のみなさんに、以前原告団総会を行っていたソウル鐘路5街キリスト教100周年記念館の近くに集まっていただきました。李大洙さんとアジア平和文化交流の金善龍さん、授業の後大邱から岡田さんも遅れて合流されました。

李大洙さんから原告のみなさんに、1週間各地を訪問してきた報告と、今後原告の在住する韓国各地で不二越支援の運動を作り、そのネットワークをつくっていきたいと提起されました。

名古屋三菱の原告をお姉さんに持つ金正珠さんからは、この間の来日闘争報告や光州の活動についても紹介がありました。現在、光州を始め各地で10万人1000ウォン希望リレーのカンパ運動が展開されています。三菱との交渉のため原告らが度々来日しており、その費用などをカンパでまかない、またその活動を通じて勤労挺身隊問題を韓国内で広めていく運動です。こうした運動と連携しながら、同じ課題である不二越の支援も広げていけたらよいと思います。
b0156367_1821740.jpg

原告のみなさんと別れた後は夕食会。この間原告の付き添いをしてくれたソンギョンソプさんにも短い時間でしたが会えました。

この日、金善龍さんは不二越の原告に会うため韓国憲法9条の会の会議を欠席されました。憲法9条の会運営委員長の金承國(キム・スングク)さんが岡田さんとの共通の知り合いだとわかり、電話をしたら早速合流してくれました。民主活動家で進歩党の韓錫浩(ハン・ソクホ)事務総長さんは、民主労組の創生期から労働運動をしてきた方です。縫製工場の劣悪な労働環境に抗議して焼身自殺した全泰壱(ジョンテイル)の母親は、戦時中韓国内で勤労動員させられたそうです。不二越問題は労働問題でもあると、今後協力していただけるとのことで、資料などを送りたいと思います。
b0156367_18215983.jpg

           マッコリで乾杯。連帯の握手。金承國さん(左)
           韓錫浩さん(右から2番目)

3月11日ソウルでお会いした朴賢緒さんにはいつも物心両面のご支援をいただき感謝に堪えません。今年9月コリアプロジェクト@富山主催の講演会に講師として来日される予定です。お目にかかれることを楽しみにしています。
b0156367_18431793.jpg

                  3月11日ソウル、朴賢緒さん

 7泊8日、韓国を縦断しました。今年1月富山に来て私たちと交流会をしたことで責任感を感じ、このようにいろいろな団体を紹介してくださった李大洙さん、岡田さんに深く感謝します。ありがとうございました。とても濃密な一週間で、韓国での運動をつくっていくスタートとなりました。韓国の市民のみなさんと力をあわせ、必ず不二越に謝罪と賠償をさせましょう。(事務局 中川美由紀)


資料


「99円のハルモニの恨」 10万の力で
[ハンギョレ新聞  2011年02月17日(木)午前09:30]
(チョン・デハ記者)=勤労挺身隊の被害補償協議で、財政難で困難

市民行動「1000ウォン希望リレー」で後援運動に乗り出し指が切られた。全南・順天(スンチョン)出身のキム・ソンジュ(83・写真右側・京畿道安養市(アニャンシ))氏は、1944年5月、日本の名古屋三菱重工業に勤労挺身隊として働いていて、機械に手が吸い込まれていった。賃金をただ一文も受けることができずに働いた彼女は、1944年12月の東南海地震の時は九死に一生で命を拾ったが、負傷をした。キム氏は、勤労挺身隊を軍「慰安婦」と誤解した夫から虐待を受け、婚約破棄に遭った。キム氏の妹のチョンジュ(81・左側)氏は、「日本に行けば姉さんに会える」という言葉にだまされて、1945年2月に日本の富山の不二越社に引きずられていき、強制労役をした。2人の姉妹のハルモニに、勤労挺身隊は一生消せない内面の傷だ。


「勤労挺身隊のハルモニとともにする市民の会」(代表、キム・ヒヨン)は、去る15日、市民1人に1000ウォンずつ、10万人余りが参加する、「10万希望リレー」運動を宣言した。1000ウォンは、2009年秋に日本政府が勤労挺身隊のハルモニに突き出した、厚生年金脱退手当の99円(約1000ウォン)を、10万人は三菱重工業に引きずられていった、徴用者の数を象徴する。2008年末、勤労挺身隊のハルモニたちが日本の損害賠償訴訟で敗訴した後で結成された市民の会は、昨年13万5000人の署名運動などを通じて、三菱を協議の場に呼び入れた「市民の力」をもう一度集めようと、訴えて出た。


市民たちは、「恥ずかしい過去事を、市民の力で正しく立てよう」として、後援募金運動に参加している。チェ・ソンヒ(25・京畿道安山市(アンサンシ)氏は、「送金したというのも恥ずかしいが、とても小さな力でも、補って差し上げたい」と語った。ソウルに住むイ・ミョンソン氏も、「コーヒーの値段程度にしかならない小額だが、力になることを願う」という文を送った。


ソウル市民のコ・スヨン氏も、家族5人の名前で、1000ウォンずつ5000ウォンを送金した後、「頑張れ」という激励のメッセージを送った。


イ・グコン(42)市民の会事務局長は、「昨年11月から被害補償のための協議を始めた後、航空料など財政上の問題で困難を経験している」として、「三菱重工業勤労挺身隊被害者は300人余りだが、大部分が高齢なので、問題解の時間がそれほど残っていないようで、残念だ」と語った。
by fujikoshisosho | 2011-04-12 19:37 | 韓国レポート

福井市営住宅外国人差別問題 再度抗議を!!

福井市長回答 「入居要項は見直さない」「入居許可は市長権限」と開き直る
福井市は日本語能力を理由に、外国人に対する入居差別を行っている。全国の仲間に福井市役所へ抗議をお願いし、当会として 福井市に対する抗議の申し入れを行った。(申し入れ書は前号に掲載)福井市からは、回答期限を延長して長文の「回答」が送られてきた。しかし、その内容は、批判に対して最初の数行で謝罪のポーズをとりながらも「見直さない」と開き直りを行った。再度福井市に抗議を集中しよう!

回答文は、最初に「適切な対応をとらなかったことを深く反省しております」と書いている。

しかし、その数行後には今後も「入居要綱の見直し無し」と反省しないと平然と述べている。今も「入居事務取扱要綱」外国人排除規定は正しい、「隣人とコミュニケーションがとれる程度の日常会話ができる者」「外国人入居者が(日本人)共同体に参加のレベル」と全く同じ主張である。

また、「3年以上日本に居住できると市長が認める者」「長期滞在者を優先、市が判断」と書かれている。本来市営・公営住宅の目的は、住宅上の弱者救済、行政の住民サービスとしてある。外国人にとって、市(公)営住宅に安定して住めないと長期滞在も困難になる。にもかかわらず、最初の条件に長期滞在を挙げるのでは、発想が全く逆だ。入居拒否とは、最初の段階で外国人を排除し、彼らの滞在を援助しないということに等しい。

要項は見直さない
回答では市長の「要綱は見直さない」発言はそれだけでは全国的に通用しないので「柔軟に見える内容」を一部に書き入れ、しかし結局は「要綱は見直さない」と誤魔化す意図になっている。具体的には「当該条項は必要な措置」「現時点に置いて条項を削除する予定はない。施策の進捗や成果の状況に応じて今後検討を加えて行きたい」と、今後に含みを持たせた表現をとっている。

市長権限を強調
しかし、その入居基準についてはあくまでも「市の判断・決定主体は市長」であると書いてある。「内外人差別撤廃の原則」(日本が批准した国際条約)意識が全く無い。「市の基準」は一切を「市長権限」(市長・個人見解)で決定できると言いたいようだ。

日本は1979年に国際人権規約に加入するに当たり、まず公共住宅を永住者に開放することを建前とした。その後は東京・大阪を例に市営住宅の募集対象者を「市内に居住し(外国人登録)た方、又は、市内に勤務している方を対象に市営住宅の入居募集を行う」と拡大され、「社会保障は国籍を問わず日本に居住する者一般に適用される」ことになった。日本は1982年に難民条約を批准し、1986年に国民年金法や児童扶養手当法などの国籍条項を撤廃した。大都市の公営住宅では半数以上が外国人の場合もある。

こうした状況が一般になっているにもかかわらず、福井市長は「見直さない」と表明している。外国人入居選考に際して「外国人入居についての行政通訳や内外人平等原則、入居を援助する市の姿勢が無かった」のが差別の原因である。「入居の前提に日本語能力」を基準とするのが当然とする「外国人入居差別要綱」が存在するのが原因であるのに、一切見直しもしないで「市長権限」を強調した意味は「市長が住宅入居について独裁的権限」を持つと言いたいのだ。これは「住民自治」を否定することである。「市長権限の強調」は、外国人住民、少数者、住民全体を、陛下の官僚が「上の権限」で、下々の住民や外国人・少数者は「市長に従え」というものだ。福井市長は外国人住民を日本人住民とは違う存在と見下している。
自治体とは国の下請け機関化に抵抗し、住民主体に考える立場であるべきだ。

結局は日本語能力
今回の差別対応を「深く反省する」ためには、根本原因を明確にする表明が必要である。「受付窓口を担当する職員がコミュニケーションを取れるかで判断して」として、通訳者確保をせず入居拒否した姿勢が問題なのだ。市の回答は意図的に矛盾した内容である。「受付時の入居案内を多言語化し行政通役員を介して説明を伺い語学講座の開催や案内など対応に努めます。入居時には翻訳した資料を使ったオリエンテーションなどの実施を予定」「日常会話程度の会話能力が取得できる環境を整備したり直接間接に支援します」と書いて、前向きなように思わせてはいるが、「外国人入居を進める為に」とは書かない。なぜなら、そうしたら「要綱見直し」になってしまうからだ。

結局は「日常会話能力」が「入居の前提」とするのである。「日常会話の能力を伸長され、他の入居者との相互理解を深めて共生が重要」と、入居の前提として「外国人の会話能力伸長」を要求するのみだ。「日本語教室の開催を予定」とあるが、入居手続きに重要な行政の通訳援助は書かれていない。回答文には「市営住宅に既に入居している外国人との相互交流について当市が支援してゆく」とあり、「既に入居」者を対象としており、「一般住宅に住む外国人会話教室」という意味である。 

長い回答文の中で福井市が言っていることは、入居を求める外国人には、語学力があると市が認める程度でないと「入居させない」ということだけだ。そして最後に「障害者に対して入居拒否をした事実はありません」とも書かれている。「平和をつくる富山県連絡会」(事務局長 大和秀雄氏「障がい者」)が申し入れを電話で2回した際に「言葉を理由に入居差別するなら聴覚障害者との行政手話援助と共通問題である」と述べた問題を「障害者差別はしていない」とすり替えた。

福井市の「共生」とは
市の回答文には「共生」の言葉が8回使われている。市の言う「共生」とは「外国人が日本人社会の都合にあわせ共に生きる」という「共生の強要」である。平等な援助・配慮や外国人在住者を思う「共生」と違う。 

歴史に逆行し外国人住民を排除する福井市・東村市長の「要綱を見直さない」回答を撤回させるため、再度抗議申し入れを行う。

( 資料 福井新聞 2011年2月16日)
市営住宅、外国人規定見直しなし 福井市長、語学教室など推進 
福井市の市営住宅に外国人が入居する際、隣人とコミュニケーションがとれる日常会話ができない場合は申し込みを受け付けないと規定した東村新一市長は15日、記者会見で「現時点では見直す考えがない」と話した。
by fujikoshisosho | 2011-04-01 15:48 | 関連2. 外国籍差別問題

3.11原発震災について

3.11原発震災について
原発・核兵器犯罪集団はこの世界から永久に立ち去れ!
共同代表代行 李龍海(イ・ヨンヘ)

自然の無尽の無償性なくして私達は一瞬たりと存在することができない。しかし自然は時としてその無償の位相を一転し、圧倒的エネルギーを爆発させ価値の劇的交換を私達に強いる。東北関東の地震に伴う巨大津波はありとある生活資源と共に数万の人命を黒い海の底に奪い去った。白い幾千匹の龍蛇のような連波が沿岸の幾多の街に襲いかかる様が何度もテレビで流され、誰しもぼう然と言葉もなく見入る他なかっただろう。 

津波が引くと同時に、福島第Ⅰ原子力発電所において冷却材喪失という危機的事態が6機の原子炉全てで連続した。16日後の今なお4機の原子炉から放射性物質が放出され続けている。周囲の地表と海のあらゆるものが収拾不能の高濃度の放射性物質によって汚染され東北関東一帯に降り注いでいる。おそらくチェルノブイリの数倍の放射性物質の塁塊が現場で外気にさらされている。

これが上空に飛散しジェットストリームによって世界を一巡し、今度は東海(日本海)側に回帰、降下する。3号機で使用中のMOX燃料の中のプルトニウムがこれに混入している可能性は充分にある。

たった角砂糖5個分で日本全滅と言われるこの地上最悪の毒物プルトニウム(以下Pu)。これを含むMOX燃料を3号機で使用している事実に、プルサーマルへの影響を怖れてか政府は2週間以上も全く言及せず検出も怠ってきた。

エリート脳液状化症候群の枝野は水素爆発の際のコメントで、各建屋にある使用済核燃料の危険性を最初から完全に無視した。また4号機は炉心に燃料棒はなかったが、5,6号機の炉心には燃料棒が部分的に入ったままである。安全を誇張・偽造する政府や東電、報道解説者、推進派の学者達の処世を専らとする不気味な顔をテレビで見るたび、昔友人に教えられたある小説の題名を思い出す。『一目見て憎め』。顔つきで人を判断することは間違いではない。  

以下今回の事態の危険性を、田中三彦氏 (元原子炉製造技術者、福島4号などの原子炉圧力容器の設計に関わり「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会」呼びかけ人) の議論に沿って述べる。

1.2.3号機で冷却材喪失により炉心溶融という危機的事態が発生し、結果剥き出しになったジルコロイド合金被覆管の熱溶解から水素が発生し二つの建屋上部が大爆発した。冷却水を喪失し露出した燃料棒は、2800度の熱に自ら飴のように捻じ曲がり溶落する(メルトダウン)。3号機燃料中のPuは通常単体では融点が639.5℃、沸点が3230℃だが、この場合ウランと混在しているため、融点も沸点も単体時よりかなり低い温度で相転位する。これらが適切に冷却されない場合、溶けた燃料の灼熱の塊(デブリ)が制御棒の導入管を伝って格納容器に滴り落ちる。これがメルトスルーであり水蒸気爆発と同時に地球貫通の怖れがある。これを防ぐために主蒸気逃がし安全弁(約90気圧で自動開放)により原子炉圧力容器(臨界時約70気圧)から圧力チェンバー(正16面体の冷却材入り圧力抑制室)そしてベント管を通じて、気化物質を格納容器内に排出するシステムが原子炉破壊を防ぐ最終手段となる。  

ところが3月26日あたりに公表された炉内圧力の急変を示すデーターから、水素爆発は主蒸気逃し弁からベント管を通じて圧力を逃がすことで発生したのではない可能性が出てきた。1―5号機はマークⅠと呼ばれ、格納容器が小さく構造が複雑な40年前の欠陥炉。圧力容器から格納容器に突き出た幾つもの再循環配管(57トンの循環ポンプが2機、支持構造なしに対配管加重で設置)を持つ。その配管群の亀裂、また一次冷却系の配管あるいは配線貫入管の損傷、それらによって圧力容器の主蒸気が格納容器に直接放出された模様である。そのために、1号機では格納容器の圧力(設計限界圧力は約4気圧、通常1気圧)が地震直後にすでに8気圧と公表され、格納容器上部のトップヘッドと呼ばれる蓋の接合部から大量の水素蒸気が噴出、建屋上部に充満、早期に爆発した。同様の機序により3号機からはPuが野外に出ていて不思議ではない。さらに危険性は増幅しつつある。 

2号炉の格納容器下部の圧力チェンバー付近で起きていた小爆発。原因は、主蒸気逃がし安全弁を開放した際、圧力チェンバー内に水素がたまり、地震によるベント管の亀裂から入った酸素と反応し水素爆発した可能性が高い。3月27日には2号機のタービン建屋内で千万倍の放射線が計測され、原子炉損傷の事実を最早誰も否定できなくなった。このような圧力チェンバー周辺の損傷が3号機でもなかったとは言い切れない。大量の使用済核燃料にも1㌫のPuが含まれ飛散した可能性がある。事態はまさに致命的という他ない。 

原発推進勢力は、流砂のような薄い地殻の上で危険極まる賭けを50年続け、ついに完全敗北した。浜岡、若狭の地殻は今すぐM8以上の地震が来て矛盾がない。全ての原発を即時停止し、使用済み核燃料を地下深層に埋設しても地殻が動けば不測の事態におちいる。それらは永遠に熱と放射線を放出しながら滅亡の危機に私達をさらし続ける。破局的危険を隠蔽し原子力から利潤をむさぼる電力資本と、その利権に巣食い核兵器所有をもくろむ極右政治屋ども、取り巻きの東大の物理学者と放射線医師、幾多の差止め訴訟を棄却した悪徳裁判官、福島第一の事態はそれら金と権力に狂う徒輩が寄って集って作り上げた≪死のシステム≫による人災そのものである。

復旧不能の甚大な犠牲と汚染を招来したこの原発・核兵器犯罪集団をどのように処罰すべきか、この「サディストのブタ共」をこの世界から永久追放するのはまさに私達の仕事である。

 
津波よりも恐ろしい放射能
                                        畑 真理子

福島の原子力発電所が大変な状態になっている。周辺住民の方々は一刻も早く避難していただきたい。

放射能は津波よりも恐ろしい。
放射能は風に乗ってどこまでも飛んで行き、目には見えないからである。そして吸い込むと胎内被曝ということもある。

私はここ十年以上、チェルノブイリの原発事故にあった子ども達を細々と支援してきた。
子ども達は、チェルノブイリから遠く離れたところで被曝した者もいるのである。そうして被曝をしたら、その子はもちろんのこと、その子ども達から生まれた子どもたちまで被害を負って生きていかなければならない。

私はマスコミの皆様に、この放射能がどれだけ恐ろしいものであるのかを正確にそして早く報道していただきたいと切に願っている。

富山県とて絶対に関わりがないという保証はどこにもないのである。
by fujikoshisosho | 2011-04-01 15:37 | 関連3. 原発と不二越訴訟


第二次不二越強制連行・強制労働訴訟を支援する北陸連絡会  連絡先  メールhalmoni_fujikoshisoson@yahoo.co.jp   電話 090-2032-4247 住所 〒090-0881富山市安養坊357-35


by fujikoshisosho

プロフィールを見る
画像一覧

更新案内

3月16日、韓国第三次不二越訴訟の一審判決が出されました。第一次、二次に続き、原告勝訴判決!!

カテゴリ

不二越強制連行・強制労働とは
第二次訴訟年譜
原告の証言
国内での抗議行動レポート
韓国レポート
寄稿
関連1. 第一次訴訟
関連2. 外国籍差別問題
関連3. 原発と不二越訴訟
不二越会社動向
日韓交流
関連動向
出版物の販売
連絡会ニュース
リンク集
企画
問い合わせ

最新の記事

三菱重工に賠償命じる 201..
at 2017-09-06 15:51
2017.7.29~8.2 ..
at 2017-09-06 15:51
2017.7.31 不二越正..
at 2017-09-06 15:50
<本の紹介>
at 2017-09-06 15:50
7/29~8/2 韓日青少年..
at 2017-07-23 20:09

以前の記事

2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ブログパーツ

画像一覧

ブログジャンル

法律・裁判
歴史