<   2011年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2011/12/16 ―最高裁棄却後・新段階の不二越闘争を開始― 

「不二越が謝罪と補償を誠実に実行するまでは、決してこれらを許すことはない。私たちは、正義という歴史の扉を叩き続け、勝利の日まで闘い続けることを、ここに宣言する」。この連絡会声明に基づき12月16日(金)不二越正門前行動を行いました。

b0156367_1424850.jpg


侵略国家に住む人間としての責任から、我々自身が闘いの責任ある主体として不二越が謝罪するまで絶対に闘い抜く決意を示しました。
不二越企業は私たちの決意を全く見据えることが出来ませんでした。不二越は原告がいないからと思って正門を開けたまま警備員を配置しました。
しかし警備員は何の役にも立ちません。不二越正門は私たちの横断幕で全面的に封鎖され、幟(のぼり)は高く翻り、戦犯企業・不二越が謝罪する日まで新たな闘いの出発が開始されたことが改めて宣言されました。

b0156367_14245263.jpg


最高裁の不当判決は、原告と我々の怒りを倍化させただけです。原告が誰1人来日しなくとも、闘いがエスカレートする事を不二越・国に示しました。
今後、我々は何の制約も無く不二越門前に結集し不二越の責任を追及します。

強制連行企業には時効はありません。不二越は、日本と世界に放射能を撒き散らす東電(朝鮮人強制連行でダム建設を行った北電も)と同じく戦犯企業であり、戦争犯罪から決して免れられません。この日の門前闘争は今後の新たな闘いの始まりを突きつけた歴史的な日になったのです。
by fujikoshisosho | 2011-12-29 14:32 | 国内での抗議行動レポート


第二次不二越強制連行・強制労働訴訟を支援する北陸連絡会  連絡先  メールhalmoni_fujikoshisoson@yahoo.co.jp   電話 090-2032-4247 住所 〒090-0881富山市安養坊357-35


by fujikoshisosho

プロフィールを見る
画像一覧

更新案内

11月15日、東京本社行動と集会のご案内

カテゴリ

不二越強制連行・強制労働とは
第二次訴訟年譜
原告の証言
国内での抗議行動レポート
韓国レポート
寄稿
関連1. 第一次訴訟
関連2. 外国籍差別問題
関連3. 原発と不二越訴訟
不二越会社動向
日韓交流
関連動向
出版物の販売
連絡会ニュース
リンク集
企画
問い合わせ

最新の記事

70名で不二越の戦争責任を追..
at 2017-11-20 16:14
11月15日、不二越東京本社..
at 2017-10-22 16:53
11月15日、東京集会
at 2017-10-16 14:08
三菱重工に賠償命じる 201..
at 2017-09-06 15:51
2017.7.29~8.2 ..
at 2017-09-06 15:51

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

ブログパーツ

画像一覧

ブログジャンル

法律・裁判
歴史