<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2012.2.20~24 金明培さん来日 株主総会・門前行動

2/20(月) 不二越門前行動

b0156367_15441639.jpg

                  不二越は面会要求に応じよ!

b0156367_15524551.jpg

             行く手を阻む警備員に抗議する金明培さん

2/21(火) 不二越株主総会

b0156367_1559066.jpg

                     株主総会会場前で訴え

2/22(水) 北陸電力前行動に参加

b0156367_1613366.jpg

         志賀原発の廃炉を求めるランチタイムアピールに参加

b0156367_1632579.jpg

         「韓国からも日本からも原発をなくしていきましょう」と発言された
by fujikoshisosho | 2012-02-28 18:07 | 国内での抗議行動レポート

1月不二越門前行動

1月27日(金)、昨年に引き続き不二越正門前行動を行いました。

b0156367_13364059.jpg


会社側は前回のように正門に警備員を配置し、警察を呼ぶという不誠実きわまりない対応でした。時折雪が降る中、横断幕とのぼりを掲げて参加者が次々発言。シュプレヒコールをあげて、不二越に「謝罪と賠償をせよ」「未払い賃金を支払え」と迫りました。

b0156367_1337231.jpg


2月には不二越の株主総会があり、原告・金明培さんが出席されます。たとえ裁判が終わっても、不二越の戦争責任・戦後責任を追及する闘いは決して終わりません。不二越に必ず謝罪と補償をさせましょう。
by fujikoshisosho | 2012-02-02 14:02 | 国内での抗議行動レポート

【寄稿】ソウル日本大使館前の元従軍「慰安婦」被害者少女像に思う

                                             
                                     李龍海(イ・ヨンヘ)

昨年末の韓日首脳会談において、李明博韓国大統領は就任後始めて日本軍「慰安婦」問題を取り上げ、この問題解決の「勇気ある一歩を踏み出す」ことを日本側に1時間にわたって主張した。野田首相はこれに対し「法的に解決済み。ソウル日本大使館前の少女像を撤去してほしい」と反論したが、李大統領はさらに「積極的取り組みがない場合は第2第3の少女像が建つ」と応じたと報じられている。

この「少女像」とは昨年末12月14日に、ソウルの日本大使館前の歩道に「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」によって、大使館に対する水曜デモ1000回を記念して建立された高さ1メートル20センチの元「慰安婦」の少女時代を表現した見事なブロンズの坐像である。その隣に同じくブロンズ製の椅子を設置し、これに座ることで平和と歴史を考える場所にしたいという意図がある。また土台の石にはハングル、日本語、英語で「『慰安婦』問題解決のための水曜デモが1000回を迎えるに当たり、その崇高な精神と歴史を引き継ぐため、ここに平和の碑を建立する」と書かれている。

政権末期であり与党候補の次期当選が否定的に観測される中で、与党浮上のパフォーマンスとして見ることはできるものの、李氏にとって初めて国民的評価をもたらす発言であったろう。一方、野田氏の反論を見るとき、自らの立場は韓日条約という一応の法規範を根拠として防衛しながら、相手には私物に対する国家権力による撤去という私法・私有権への法的逸脱を迫る明らかな論理矛盾をさらけ出すものだった。一国の最高責任者がたまさかでも法を犯すことを外交交渉の中で主張するなど、一体何様、やくざ映画のチンピラ親分のセリフではないか。日本の相も変わらずの政治屋どもの矮小な水準をさらけだすに十分であろう。 
それにしても日本側はなぜかくもこの少女像に毛羽立ち嫌悪するのか。 この少女とはたとえば野田氏にとって何を意味するものなのだろう。
 
会談直後、祖母が「慰安婦」被害者であり、その父親が日本に弾圧された独立運動家だったという一人の勇気ある青年がついに火炎瓶を日本大使館に投げ入れる事件が起こった。そのやむにやまれぬ行為は被害者ハルモニたちに残された時間がいまや刻々と極限に達していることを我々に知らしめる。彼の行為の余儀なさは、水曜デモの参加者をはじめ、韓国民およびすべての支持者の胸を深くえぐるものだ。
恨み耐えがたき者の死体は腐らないとの言伝えが韓国にはある。まさに朝鮮半島の民衆史を表す言葉であろう。この「死体」を「記憶」に置き換えれば、火炎瓶投擲者・彼と私たちの心影はぴたりと一致しその輪郭は鮮明である。(『恨』として知られる心情が潰えた希望の堆積がかもす悲哀の情だというのは、おそらく日本人向けに喉越しよく変質されたものだと思える。)
被害の記憶が今なお私たちの恨みであり続ける理由は、日本の国家と民族の名における謝罪と賠償がなされることなく、被害者の生命の炎が一つ一つ遠ざかり、さらにそのような状況と逆行するように日本側の加害者としての記憶の継承が社会全体にわたって断絶しているためだ。

野田氏やその政権が無防備なまでに感情的な拒絶反応を示す理由はまさにここにある。彼らはソウル日本大使館前の少女像を想起するたびに、歴史記憶の断絶と政治的責任の拒絶の狭間に走る、深い心理的亀裂に疼痛を覚えるはずだ。その亀裂は個人の問題にとどまらず、日本の政治と文化にある種の深い毒の闇をしたたらせ、この社会を腐敗させてきたし、これからも亡霊の出現のようにして自らを脅かし続けることだろう。あの少女像は、日本側が支払わなければならない歴史的債務の完済能力の無能と不所持を彼らに想起させるのだ。彼らにとってそれは、自らの民族の残虐な加害の記憶を語り継ぐことのなかったその歴史の空虚と記憶喪失がもたらす政治的文化的破綻そのものの見事な隠喩であるのだ。
このような闘争アイテムは、強制連行問題でも有効な契機をもたらすと私には思える。 
㈱不二越や他の強制連行企業の前に、少しの土地を運動体が所有し、そこに被害者の像を設置し、被害の実態と企業と国と自治体と民族の責任を明らかにする文言を明記する。ソウルのあの一体のブロンズの少女像と空席の椅子は、姿を変えて日本国内各所に出現する必要性と可能性があるだろう。

日本には社会の基本的編成や基礎的社会思想を変換させるためのスイッチが欠如しているのだと思える。80年代から構造改革として始まった新自由主義政策により疲弊しきった一般大衆と超え太った大企業の二極化を基本構造とするこの社会を守り抜くために、日本支配層は大部分の被支配層に対し、見えざる戦争をありとあらゆる方法を駆使して、延々と繰り広げていることに気づかなければならない。戦争はある種の方法を変えた政治の継続であるという古びた戦争論があるが、この主客を転倒せよといったのはM.フーコーである。つまり政治とはある種の方法を変えた常なる戦争なのだと。
この常態化した戦争を勝利的に戦い抜いている世界の民衆の一部に韓国民衆が位置付けられるのかも知れない。今年は4月の国会議員選挙と12月には大統領選挙が控えている。今回から在外選挙人登録制度が始まり、筆者も駐名古屋総領事館で選挙人登録を済ませた。韓国の国政選挙に投票できることが何とも誇らしい。韓国もまた金大中政権以降、新自由主義を構造化してきた国家である。これを乗り越えることは困難な課題かもしれない。しかし暴走と破綻を繰り返すアメリカ追随型の新自由主義を採用していない成長国家を見つけることはさほど難しくはない。この課題を突破できなくとも、少なくとも挑戦的である党派と候補を選ぶつもりであるし、そのような政治は必ず勝利するだろう。そして日本に対し北朝鮮や中国と連携しつつ過去清算の問題を公然と主張し続けるだろう。
過去未清算、原発継続に象徴される変わることができない日本は、記憶喪失と放射能によって原状回復不能なまま、その深部から今ついに死につつあるに違いない。 
by fujikoshisosho | 2012-02-02 13:33 | 寄稿


第二次不二越強制連行・強制労働訴訟を支援する北陸連絡会  連絡先  メールhalmoni_fujikoshisoson@yahoo.co.jp   電話 090-2032-4247 住所 〒090-0881富山市安養坊357-35


by fujikoshisosho

プロフィールを見る
画像一覧

更新案内

11月15日、東京本社行動と集会のご案内

カテゴリ

不二越強制連行・強制労働とは
第二次訴訟年譜
原告の証言
国内での抗議行動レポート
韓国レポート
寄稿
関連1. 第一次訴訟
関連2. 外国籍差別問題
関連3. 原発と不二越訴訟
不二越会社動向
日韓交流
関連動向
出版物の販売
連絡会ニュース
リンク集
企画
問い合わせ

最新の記事

70名で不二越の戦争責任を追..
at 2017-11-20 16:14
11月15日、不二越東京本社..
at 2017-10-22 16:53
11月15日、東京集会
at 2017-10-16 14:08
三菱重工に賠償命じる 201..
at 2017-09-06 15:51
2017.7.29~8.2 ..
at 2017-09-06 15:51

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

ブログパーツ

画像一覧

ブログジャンル

法律・裁判
歴史