<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2016.2.25 不二越への申し入れ行動

前日の株主総会に引き続き、2月25日、不二越への申し入れ行動を行いました。

b0156367_19382784.jpg

b0156367_19383974.jpg

b0156367_19384967.jpg

b0156367_193912.jpg

b0156367_19391314.jpg






                            申し入れ書

株主総会は株主が直接経営陣に対して質問や意見を行える年に一度の貴重な機会です。議長(社長)は民主的な総会運営を行い、質問に対して誠実に答えることが問われています。
当然ながら企業には、利益のみを追求するだけでなく、社会的倫理が求められます。
貴社は戦時中の強制労働問題に加え、カルテル問題でアメリカ・カナダでも集団提訴が行われており、経営陣がいかにその責任を自覚し、再発防止のために企業としての取り組みが問われた総会でした。

私たちは、総会に向け、具体的質問項目を上げた事前質問状を提出しましたが、「門前払い」で、およそ質問に答える態度に欠けた議長(社長)の姿勢でした。
これを「株主総会」と名付けるは、実に恥ずかしく、残念な状態と言わざるを得ません。

総会において議長が言った事は「(質問は)本総会の目的に合致していません」「わかりません」のみで、議長(社長)としての見解は一言もありませんでした。こうした株主総会の運営は非常に問題です。

以下を強く申し入れます。

・事前質問状についての回答は口頭で読み上げるのではなく、書面にしてください。
・各質問項目について、誠実に受け止め、答えてください。
答えられない場合は、なぜ答えることができないのか、その理由を客観的にわかるよう明確に説明してください。
・株主総会が有意義な意見交換の場となるよう、社長ほか経営陣は真摯に考え、対処して下さるよう、強く希望します。
by fujikoshisosho | 2016-02-26 18:24 | 国内での抗議行動レポート

2016.2.24 不二越株主総会行動

2月24日、不二越の株主総会に原告の金明培さんが出席されました。

b0156367_19362583.jpg

b0156367_19363928.jpg

                           会場前での訴え



今回の株主総会にあたり、事前に以下の質問状を提出しました。

                       第133期定時株主総会 質問状

(1)強制連行訴訟に関して
1.韓国における訴訟において、2014年ソウル地裁で不二越側が敗訴し、第二次・第三次訴訟が起こされています。被害者らと誠実に向き合って解決しようとしない会社の姿勢が、こうした事態を引き起こしているとは思いませんか。

2.不二越は韓国第一次訴訟控訴審、続く二次・三次訴訟においても、未だに弁護人を選任していません。長期に亘り代理人不在のため、裁判所が高裁の口頭弁論と判決の期日を指定しました。これ自体が異常な事です。これは一審の代理人に弁護を拒否され、他の代理人も選任できない状態だからなのですか。それとも、代理人と不二越は弁護人を選任しないで、原告らの死を待つという引き延ばし戦術を取っているのですか。

3.不二越は1991年以降、実に四半世紀にわたり強制連行問題を抱え、社会的責任を取らない企業体質を問われてきました。ですが経営陣は、この問題について「経営問題ではない」と、株主総会での質問に答えようとしてきませんでした。しかし現在、韓国訴訟の行く末は経団連などの財界や日本政府も介入する課題となっています。中国やアジアをはじめ世界市場で企業活動を展開する不二越にとって、この問題を如何に解決していくのかはすぐれて経営問題であると判断するのが常識的です。強制連行問題が「経営問題ではない」とする理由を明らかにしてください。

4.不二越は控訴審判決で敗訴した場合、経営陣の責任で韓国司法の判決に従いますか。それとも、あくまでも上告して更に罪を重ねるつもりでしょうか。

5.かつて不二越は、国策に従い軍需工場として戦争に協力しました。経営陣はこの歴史を反省し、今こそ真摯に被害者と遺族に向き合うべきではありませんか。

(2)ビデオ・写真撮影について この間、株主らが不二越に申し入れを行っていますが、経営陣は何ら対応しようとしません。その上、構内からカメラ撮影をしていますが、撮影をしているのは私服警官ですか。それとも会社の社員ですか。撮影の目的は何ですか。これまでの映像はどのような扱いをしていますか。明らかにして下さい。

(3)ヘイトスピーチについて
1. 株主総会におけるヘイトスピーチ問題は今日、右翼によるヘイト街頭活動に至っています。昨年9月と11月、右翼が街宣車で不二越周辺を回り、「我々の会社にゆすりたかりをする朝鮮人」「一円たりとも払うな」などと大音量で叫んでいました。不二越の代弁者と受け取られるような言動ですが、不二越とこの右翼とはどういう関係があるのですか。

2. 関係がないとしたら、右翼の「ゆすりたかりの朝鮮人」という主張について、不二越としての見解を示してください。

以上の質問について、不二越経営陣の回答を求めます。

続きはこちら
by fujikoshisosho | 2016-02-26 18:02 | 国内での抗議行動レポート


第二次不二越強制連行・強制労働訴訟を支援する北陸連絡会  連絡先  メールhalmoni_fujikoshisoson@yahoo.co.jp   電話 090-2032-4247 住所 〒090-0881富山市安養坊357-35


by fujikoshisosho

プロフィールを見る
画像一覧

更新案内

11月15日、東京本社行動と集会のご案内

カテゴリ

不二越強制連行・強制労働とは
第二次訴訟年譜
原告の証言
国内での抗議行動レポート
韓国レポート
寄稿
関連1. 第一次訴訟
関連2. 外国籍差別問題
関連3. 原発と不二越訴訟
不二越会社動向
日韓交流
関連動向
出版物の販売
連絡会ニュース
リンク集
企画
問い合わせ

最新の記事

70名で不二越の戦争責任を追..
at 2017-11-20 16:14
11月15日、不二越東京本社..
at 2017-10-22 16:53
11月15日、東京集会
at 2017-10-16 14:08
三菱重工に賠償命じる 201..
at 2017-09-06 15:51
2017.7.29~8.2 ..
at 2017-09-06 15:51

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

ブログパーツ

画像一覧

ブログジャンル

法律・裁判
歴史