人気ブログランキング |

2019.7.5 日本政府は経済制裁を止めよ!ソウルで記者会見

b0156367_15270862.jpg

●安倍政権は葛藤を煽る
対決の政治を直ちに止めろ!

日本政府はこの7月4日から韓国産半導体核心素材に対する輸出規制を開始した。 我々は、日本国内の批判まで負い、韓日間の葛藤を煽る安倍政権の一方的な振る舞いを強く糾弾する。 安倍首相は、"今回の措置は強制動員問題とは関係ない"と強弁したが、強制動員最高裁の判決に対する対抗措置というのは、日本政府関係者の発言から明らかになっている。

まず8カ月が過ぎても韓国最高裁判所の判決を履行していない被告日本企業-日本製鉄、三菱重工業、不二越と"国際法違反"という根拠のない弁明だけを繰り返し、判決の履行を妨げている日本政府を強く糾弾する。 日本政府と被告日本企業は、韓国司法部の判決を尊重し、一日も早く判決を履行しなければならない。

韓国と日本の間には毎年1千万人の人たちが往来をしている。 誰よりも近い隣国であり、東アジアの平和をともにするパートナーである韓国と日本の市民たちは、偏狭な排外主義を煽る安倍政権の政治的遊びに決して利用されないだろう。 参院選を控えて自らの政治的な利益のために韓日間の葛藤を煽り、"嫌韓"ムードを扇動する安倍政権に強く警告する。 安倍政権はこれ以上歴史問題を国内政治に利用するな。

我々は強制動員問題の包括的な解決のため、一方的な規制で葛藤を煽る対決の姿勢ではなく、平和的な方法で強制動員の被害者の人間尊厳を回復し、歴史正義を実現できるように世界市民と一緒に行動するだろう。

強制動員被害者たちは金員を受け取るために、70年以上を闘っていたのではない。
強制動員の事実認定による真実究明、日本政府と被告企業の謝罪、賠償を含む被害回復、被害者に対する追悼と歴史教育による再発防止などは決して放棄できない過去史解決の基本原則だ。 我々は何よりも被害者の声に耳を傾け、要求を反映する被害者中心主義を基に、これらの原則を最後まで守っていく。

反人道的犯罪人強制動員の実情を国際社会に広く伝え、強制動員の被害者たちが一日も早く人権を回復できるその日が来るまで、私たちは平和を愛する世界市民たちと手を組んで行動する。

2019年7月5日
●強制動員問題の解決と対日·過去清算のための共同行動

キョレハナ、勤労挺身隊ハルモニと共にする市民の会、南北歴史文化交流協会、大韓仏教曹渓宗民族共同体推進本部、民族問題研究所、民主社会に向けた弁護士会過去史清算委員会、靖国反対共同行動韓国委員会、全国民主労働組合総連盟、朝鮮学校と共にする人モンダンヨンピル、青年時代旅行、平沢原爆被害者2世会、平和の踏み石、フォーラム真実の過程、太平洋戦争被害者補償推進協議会、陜川平和の家、興士団、1923韓日在日市民連帯、KIN(地球村同胞連帯)

일어번역 Megumi Kitamura

記者会見

日本輸出規制に対する強制動員被害者·市民社会団体の立場発表
日時:2019年7月5日(金)午前11時
場所:日本大使館前(ツインツリーAビル)
主催:強制動員問題の解決と対日過去清算のための共同行動

"居直りの安倍政権!" "強制動員の賠償判決を履行せよ!"
強制動員の謝罪を賠償するまで、市民たちが最後まで一緒にします。
"被害者と手を握って解決しよう"
"強制動員問題の解決に向けて、8.15国際平和行進で集まろう!"

司会:キム・ヨンファン(民族問題研究所対外協力室長)
発言1:イ・ヒジャ(太平洋戦争被害者補償推進協議会代表)
発言2:キム・ミンチョル教授(民族問題研究所責任研究員)
発言3:チョン・チョルウ(ソウル大学生キョレハナ代表)
発言4:オム・ミギョン(民主労働組合総連盟副委員長)
市民参加提案発表:イ・ヨンヒ(キョレハナ事務総長)
●記者会見文の朗読:大学生、青年など
パフォーマンス:手をつないでスローガンを叫ぶ

●強制動員問題の解決と対日·過去清算のための共同行動
キョレハナ、勤労挺身隊ハルモニと共にする市民の会、南北歴史文化交流協会、大韓仏教曹渓宗民族共同体推進本部、民族問題研究所、民主社会のための弁護士会過去史清算委員会、靖国反対共同行動韓国委員会、全国民主労働組合総連盟、朝鮮学校と共にする人モンダンヨンピル、青年時代旅行、平沢原爆被害者2世会、平和の踏み石、フォーラム真実の過程、太平洋戦争被害者補償推進協議会、陜川平和の家、興士団、1923韓日在日市民連帯、KIN(地球村同胞連帯)



# by fujikoshisosho | 2019-07-05 13:09 | 韓国レポート | Trackback | Comments(0)

街頭に出よう 強制連行・強制労働の事実を伝える活動を

日本政府は徴用工問題で、「経済制裁発動」と強行姿勢を示しています。
日本の侵略戦争、強制連行・強制労働の事実は消せません。安倍政権の自滅への道です。
私たちは、今こそ街頭に出て、被害者の声を社会全体の声にしていきましょう。
街頭宣伝用チラシです。不二越は東京本社を始め、大阪や各地に支店があります。全国各地で行動を展開していきましょう。
b0156367_11192898.jpg
b0156367_11193586.jpg



# by fujikoshisosho | 2019-07-03 11:30 | 国内での抗議行動レポート | Trackback | Comments(0)

日韓条約とは何だったのか 大法院判決は「日韓条約体制」に風穴を開けた

本日(6/26)、日鉄訴訟控訴審判決が出され、原告勝訴が確定しました。
本日の三菱重工株主総会に合わせ、三菱で強制労働させられた被害者や遺族、代理人、支援者たち23名が来日し、三菱重工に対して「判決を履行し、被害者に賠償せよ」と声を上げています。
徴用工問題、日本の植民地支配・強制連行の責任は日本政府・企業にあります。
安倍政権の主張は「日韓条約で解決済み」です。そもそも日韓条約とは何だったのか?
以下、連絡会ニュース83号より転載します。

b0156367_10302878.jpg
b0156367_10302832.jpg
b0156367_10505744.jpg
b0156367_10511919.jpg


# by fujikoshisosho | 2019-06-27 10:47 | 国内での抗議行動レポート | Trackback | Comments(0)


連絡先  メールhalmoni_fujikoshisoson@yahoo.co.jp


by fujikoshisosho

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

更新案内

2019.4.4 徴用工訴訟追加提訴 不二越も

カテゴリ

不二越強制連行・強制労働とは
第二次訴訟年譜
原告の証言
国内での抗議行動レポート
韓国レポート
寄稿
関連1. 一次訴訟 金景錫さん
関連2. 外国籍差別問題
関連3. 原発と不二越訴訟
不二越会社動向
日韓交流
関連動向
出版物の販売
連絡会ニュース
リンク集
企画
問い合わせ

最新の記事

2019.7.5 日本政府は..
at 2019-07-05 13:09
街頭に出よう 強制連行・強制..
at 2019-07-03 11:30
日韓条約とは何だったのか 大..
at 2019-06-27 10:47
2019.6.19強制徴用判..
at 2019-06-19 21:23
5月26日、KNB放送で不二..
at 2019-06-01 15:35

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

検索

ブログパーツ

画像一覧

ブログジャンル

時事・ニュース
法律・裁判