<   2018年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2018.5 ニュース78号を発行しました

ニュース78号を発行しました。
b0156367_14024311.jpg

今号の内容は
  2/21~22 原告・金明培さん来日 不二越株主総会行動
  不二越社長「国家間の問題」発言の意味
  4・27板門店宣言 歴史的意義と向き合う
などです。

このうち、「4・27板門店宣言 歴史的意義と向き合う」の部分を以下にご紹介します。購読ご希望の方は、当会事務局までご連絡下さい。


4・27板門店宣言
歴史的意義と向き合う

 南北分断の戦時体制が目の前でがらがらと音をたて、崩れ落ちている。世界中が感動を持ちながら、この歴史の大転換という現実を噛みしめている。
 この4・27板門店宣言に大打撃を受けているのは、日本の保守政権と財界である。彼らは4月27日当日、呆然とした。彼らには南北が手を握る姿も、板門店宣言に向き合う日本も想像出来ない。日本(政官財)にとって、南北分断は(戦前を引継ぐ)日本の戦後体制である。これを根底から突き崩すのが、4・27板門店宣言なのだ。
 日本の支配層は、この深刻さに既に気づいて身構えている。彼らの危機があまりに深刻なので、それを日本民衆に知られないよう平静を装っている。そして、日本民衆への支配・統制を強める方策を急いでいる。彼ら戦争勢力の延命のためには、他に道がないからである。
 1945年の暑い夏、焦土に立った日本民衆は戦争の悲惨さを噛みしめていた。膨大な死・沖縄戦・核を経験し、戦争は二度としないと誓った。しかし僅か5年後、日本は朝鮮戦争の特需景気で復興し、追放された戦犯が政財官に復帰した。A級戦犯・岸が復帰し、遂には首相になった。今の安倍首相は、その岸を尊敬している。戦後は戦前の継続である。
 今からが山場の闘いになる。板門店宣言を前に、私たちが歴史変革の強い意志と決意を持って、如何なる時代かを、自己を問うことから始めよう。日本民衆は、焦土に立った1945年8月15日の誓いへと回帰すべきだ。


続きはこちら
by fujikoshisosho | 2018-05-15 14:04 | 連絡会ニュース

追悼 朴順福さん

朴順福(パク・スンボク)さんを追悼して

朴順福さんが1月9日の午後10時44分に亡くなられました。享年87歳でした。

葬儀は長男さんが住む慶尚南道の冝寧(ウイリョン)で行われ、日本からは葬儀には間に合わず残念ながら参列することができませんでした。

一昨年(2016年)春に、引き取られていた釜山の娘さんの家で転んで股関節骨折をして寝たきりになっていました。昨年5月には床ずれがひどくなり、肺炎になって集中治療室に移られていて、医者から長くないだろうと言われていました。一時持ち直しましたが、ついに帰らぬ人となられました。

不二越での女子勤労挺身隊時代、連日の空襲警報による恐怖と緊張と睡眠障害とで、帰国後もずっと不眠症で苦しまれてきました。不眠で体が衰弱し、入院して点滴し体力を取り戻す事を繰り返されていて、胃がんの手術もされました。

空襲警報による後遺症で大きな音には神経過敏になり、アメリカでの9・11テロのニュース映像で富山での恐怖がフラッシュバックして、心臓がバクバクしてテレビを見れなくなったと言っておられました。

皇民化教育の優等生で14歳のとき「愛国するため」に志願した勤労挺身隊、そこでの思いもよらぬ重労働、「裏切られた」との思いと「愛国しなければならない」との思いに引き裂かれ、戦時下の恐怖と空腹と重労働に心身を病んでしまった朴順福さん。

生涯薬を手放せず、心身の病気と向き合いながら、必死に生きられた戦後の72年余り・・・・

順福さんは日本の歌が好きで、おしゃれで、料理上手な素敵なおばあさんでした。裁判所からの帰りの車の中で、宿泊地で、挺身隊時代に流行った演歌や軍歌の歌詞を正確に最後まで歌われました。その記憶力に感嘆したものです。

彼女が裁判の過程で同じ被害にあった仲間たちや支援する日本人たちと共に闘い、笑い、歌い、激昂し、涙し、喜んだ日々は彼女にとって「青春」ではなかったかと思います。

彼女の「恨」多き人生が少しでも癒され、彼の国への旅立ちが安らかであることを願っています。

朴順福さんのご冥福を心よりお祈りします。

花房恵美子

by fujikoshisosho | 2018-05-07 14:14 | 韓国レポート


第二次不二越強制連行・強制労働訴訟を支援する北陸連絡会  連絡先  メールhalmoni_fujikoshisoson@yahoo.co.jp   電話 090-2032-4247 住所 〒090-0881富山市安養坊357-35


by fujikoshisosho

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

更新案内

韓日青少年平和交流団 富山訪問

カテゴリ

不二越強制連行・強制労働とは
第二次訴訟年譜
原告の証言
国内での抗議行動レポート
韓国レポート
寄稿
関連1. 第一次訴訟
関連2. 外国籍差別問題
関連3. 原発と不二越訴訟
不二越会社動向
日韓交流
関連動向
出版物の販売
連絡会ニュース
リンク集
企画
問い合わせ

最新の記事

2018.7.30学習会と不..
at 2018-08-07 18:24
2018.7.30 不二越正..
at 2018-08-07 18:24
2018.7.28 庄川フィ..
at 2018-08-07 18:23
2018.7.27~31 韓..
at 2018-08-07 18:22
光州 勤労挺身隊ハルモニと共..
at 2018-06-21 11:04

以前の記事

2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 02月
2017年 11月
more...

検索

ブログパーツ

画像一覧

ブログジャンル

法律・裁判
歴史