人気ブログランキング |

2019.3.25~4.5光州・日帝労務動員被害集団訴訟申請に関する韓国報道




光州ドリーム記事 2019.4.8
http://www.gjdream.com/v2/news/view.html?news_type=201&uid=495084
日帝強制動員の痛み、「政府には被害申告すらできないのか?」

「タイミング」失って被害判定受けられなかった被害者・遺族が列をなし

b0156367_18032872.jpg
▲先月19日、「勤労挺身隊おばあさんと共にする市民の会」と「民主社会のための弁護士の会光州全南支部」が光州市議会で記者会見を持ち、日本の戦犯企業を相手にした日帝労務動員被害者集団訴訟の推進計画と共に、日本政府、企業の謝罪と賠償を促している。

日帝労務動員光州(クァンジュ)・全南(チョンナム)地域被害者の集団訴訟はその間現われなかった数多くの被害者と遺族の胸痛む理由を引き出す一方、わが国の(韓国)政府がその間、どれほど被害者問題に無関心だったか、いま一度反省させる契機になっている。

7日「勤労挺身隊おばあさんと共にする市民の会」(以下「市民の会」)によれば、去る5日、今回の集団訴訟申請を締め切った結果、何と537件受付けられた。

だが、実際に訴訟参加を問い合わせしたり参加を望んだ被害者と遺族の数は、数えきれないほど遥かに多かった。

今回の集団訴訟は去る2004年から2015年まで運営された国務総理所属「対日抗争期強制動員被害調査及び国外強制動員犠牲者など支援委員会」(以下「対日抗争期強制動員支援委員会」)から被害判定を受けた日帝労務動員被害者を対象にしたが、この時、被害判定を受けられなかったり軍人、軍属などに被害判定受けた場合は、事実上訴訟への参加が難しい状況だ。

市民の会李国彦(イ・クゴン)共同代表は訴訟受付の締め切りと関連して、「まず考えてみるべきことは、政府に被害申告をしなかった被害者がかなり多いことだ」と話した。

今回の集団訴訟の受付け過程で「知らなくて(被害申告を)できなかった」と訴える被害者が少なくなかったこと。

b0156367_14163720.jpg

去る5日、日帝労務動員被害者の集団訴訟受付けが締切られた後も、「勤労挺身隊おばあさんと共にする市民の会」の事務室で受付け書類の整理作業が続いている。「勤労挺身隊おばあさんと共にする市民の会」提供

▲被害申告を再開する必要性が大きく

政府が広報をしなかったのではないが、被害申告の業務が広範囲に広報されず「タイミング」を失ったものと、市民の会は見ている。

訴訟への参加から離れて、日帝強制動員被害者であることを訴える人たちを、わが政府が「申告が終わった」という理由で、被害判定すらしないのは問題があるという指摘だ。

李国彦代表は「日本軍性的奴隷制(慰安婦)おばあさんの場合、必要なら再びチームを稼動して審査、登録する事例があった」として「日帝強制動員問題もまた、この程度の救助を備えて被害申告ができるように、政府が判断して見る必要があるのではないかと思う」と話した。

続いて「補償の問題から離れて、被害者が受けた被害の事実を記録し記憶できるようにすることも、歴史問題において重要な部分」として「労務者でも軍属でも私たちの歴史、という側面から被害申告は再開される必要性が大きい」と強調した。

昨年、日本の戦犯企業の賠償責任を認めた韓国大法院判決を契機に、日帝強制動員問題が韓日関係の核心的な争点に浮び上がった。

もちろん日本政府と企業が賠償命令履行と謝罪要求を拒否しているが、以後政府間で解決策を議論する可能性を全く排除できない状況だ。

この時、政府がどれくらいきちんと被害者の現況やデータを有しているかが重要なカギになることができるという側面からも、被害申告業務の再開を考慮する必要性が大きいという主張だ。

李代表は「今の日帝被害者の権利救済は、個人に任されているのが最も大きい問題だ」として、「去る70年間余り、韓国と日本両国政府が互いに共助して被害者の手足を縛って来た」と指摘した。

続いて「日帝被害者の問題は個人の権利救済と共に、この問題を包む過去の時を、どのように意味付けするのかも、とても重要だ」と強調した。

▲「補償から離れて、歴史的な記録を残さなければ」

続けて「今回の集団訴訟の受付け過程が、政府は政府なりに、また地域社会は地域社会なりに被害者の声、痕跡、遺品、記録等を、大切な歴史の記録として残し、意味を付与するための努力を悩む契機にするべきだ」というのが李代表の説明だ。

また「被害の当事者、生存者でなくても、価値がないのではない」として、「日帝強制動員被害で苦しい過去を生きてきた、遺族の話にも耳を傾けなければならない」と話した。

李代表は「ある方は、訴訟とは別個に『子孫として最後の道理』という次元から、後に被害者を追慕する空間とか記念空間を作って、孫、子供たちと手を握って訪ねて行き、おじいさんの人生を話せると良いという意見を貰った」として、「被害者に対してその間、国家は何もしなかった。今からでも日帝強制動員被害者の記憶、資料、事例を、私たちの生の一つの痕跡に残さなければならない」と、くり返し強調した。
カン・ギョンナム記者kkn@gjdream.com



More
# by fujikoshisosho | 2019-04-08 14:22 | 韓国レポート

2019.4.4 徴用工訴訟追加提訴(不二越第四次訴訟)!

2019年4月4日、不二越など追加提訴!
 


民主社会のための弁護士会、民族問題研究所、太平洋戦争犠牲者補償推進協議会が本日11時に記者会見を行いました。日本コークス、三菱、新日鉄、不二越4社に対して被害者・遺族31人が原告で追加提訴しました。以下、記者会見資料です。(自動翻訳)

強制動員被害者が新日鉄住金を相手に提起した損害賠償訴訟が2005年提起されたところ、再上告審に相当する最高裁判決は訴えの提起からなんと13年後の2018年になってようやく宣告されました。

- 上記2018年最高裁判決の要旨は、大きく5つです。具体的には、
第一に、大韓民国はこの事件の当事者及び紛争事案と実質的関連性があるので、この事件について国際裁判管轄権を有するという点、
第二に、一部当事者に対する日本裁判所の判決は、大韓民国の善良な風俗その他社会秩序に反するものとして承認することができず、既判力が及ばないという点、
第三に、旧日本製鉄と新日鉄住金が実質的に同一であるので、法的に同じ会社と見なすという点、
第四に、1965年の韓日請求権協定によって韓国国民個人の請求権が消滅していないという点、
第五に、被告の消滅時効抗弁は権利濫用に該当し、許容できないという点です。

- 上記の最高裁判決により、法理的争点が整理されることで、強制動員被害者が日本企業を相手にした訴訟の正当性が再び確認されたものです。
■民主社会のための弁護士会公益人権弁論センターは、上記最高裁判決が宣告された直後の2018. 12.、日帝による強制動員被害者たちの追加訴訟を代理する「強制動員訴訟代理人団」を構成(民弁所属弁護士12人、以下「代理人団」といいます)しました。上記代理人団と民族問題研究所及び太平洋戦争被害者補償推進協議会などの市民社会は、去る2019. 1. 25.強制動員被害者訴訟説明会を開催して以来、2ヶ月余りに渡って、200人を超える強制動員被害者及びその遺族と相談しながら追加訴訟を準備してきました。

■日帝強占期時代、この地で広く強行された強制動員は、人権の観点からは決して容認できないものでした。しかし、強制動員に責任があるどんな主体も、被害者に対する謝罪や賠償に出ない現実は相変わらずです。さらに日本製鉄を含む加害企業は、上記最高裁判決が宣告された後も、最高裁判決を認めないまま、司法部を通じて確認された損害賠償債務の任意返済に出ていません。

今日この場に訴訟当事者として直接来られた金漢洙さんは今年で102歳です。光復74周年を控えた現時点で、強制動員被害者の多くは、加害者から被害回復を受けられないまま亡くなり、記録されなかった歴史も一緒に消えています。このような状況の中で、強制動員被害者たちの部分的被害回復のためにも、代理人団はもはやこの事件の提訴を遅らせることができないと判断し、追加訴訟の提起に出ました。追加訴訟は、すでに準備が完了した強制動員被害者から、今日を皮切りに引き続き提起する予定です。

■今日一斉に訴訟を提起する日本強制動員事件追加訴訟の原告は、合計31人です。このうち4人は強制動員被害当事者であり、27人は強制動員被害当事者の遺族です。

金漢洙/ 1918年12月生まれ/長崎三菱造船所
黄海道連ヨンベク郡ヨンアン邑出身。一人息子だったので、両親が何とか動員されないために努力していたところ、専売庁に通えば徴用されないという噂を聞いてヨンベク郡専売支局に就職。 1944年8月頃、専売庁で必要な木材を乗せて運ぶという説明を聞いて会社のトラックに乗ってヨンアン邑に行ってから、家に連絡もできず、集結している青年約200人と一緒に徴用される。
釜山、下関を経て長崎三菱造船所に到着し、7日間の軍事訓練を受けて幸寮に配置(後に福田寮に移動)。劣悪な食事と生活環境、強圧的な規律を受け生活。
作業場での船舶に使用される大型の鉄板を曲げていて、チェーンが切れて左親指を怪我する事故に遭う。病院で診療を受けたが、注射だけ打たれ、休みももらえず、足の指が卵ほど腫れた状態で、次の日も出勤して働き続けるしかなかった。
1945年8月9日長崎原爆投下当時爆心地から3キロほど離れた工場での作業途中被爆あたりましたが、工場の大型鉄門の下に敷かれて首にけがを着て、命を救わ。 1945年10月20日頃、同僚たちと一緒に小型木船を求め乗って帰国。

金龍化/ 1929年12月生まれ/福岡日本製鉄八幡製鉄所
全羅北道完州郡出身。小作農家の貧しい生活環境で7人きょうだいの末っ子として成長。兄と姉が皆家を出て、家も貧しかったので、幼い頃から家から出たい気持ちが強かった。国民学校卒業の頃、村で日本製鉄で工員を募集するという話を聞いて、金を稼ぎに行こうと決心する。当時一緒に行った人たちの中では幼い方であったが、同じ年ごろの青年が少しはいたし、年齢が幼いという理由で行けないとはならなかった。
動員の際には全州駅に数十人が集まって引率者の案内に従って移動。駅で父の悲しい表情が忘れられない。麗水まで汽車で移動して麗水港から福岡へ移動、100人余りが一緒に過ごす宿所に配置されて団体生活をし、宿所から3〜4km離れた工場まで汽車で通勤する。最初はいろいろな作業場に通いながら工場で必要な肉体労働、雑用をしたが1年ほど後、てこで物を持ち上げていて、てこが跳ねて前歯が折れる。以後、難しい作業場の事務所を通って掃除、お使いなど雑務をする小間使いの仕事をする。
解放後、会社で大型船舶を用意して八幡港から宿所の人全員が一緒に乗って帰国。

■今回追加の訴訟の被告であり、既存の日本製鉄株式会社(旧新日鉄株金株式会社)‧株式会社不二越‧三菱重工業株式会社に加えて、日本のコークス工業株式会社(日本コークス工業株式会社)が含まれています。さらに、既存の訴訟を提起していなかった、他の強制動員加害日本の会社に対しても、現在追加の訴訟を検討中です。

- 日本のコークス工業株式会社は、旧三井鉱山株式会社が2007年の使命(社名)を変更した会社です。三井鉱山は日本植民地時代の時期、日本最大の炭鉱である三池炭鉱を運営しながら、朝鮮人を強制連行し、労働を強制しました。追加訴訟原告の父親である被害者亡泊◦◦は1943. 9. 21から福岡県素材三井三池鉱業所しまう炭鉱で強制労働を強要さし、1945年10 4.死亡しました。以後、上記の犠牲者の遺族らは、2006年に日帝強占下強制動員被害者の真相究明委員会で具体的な証拠を介して、上記被害者の被害事実を認められたています。今回の追加訴訟を通じて三井鉱山の強制動員の事実を証明して、三井鉱山を実質的に承継した日本コークス工業株式会社について不法行為に基づく損害賠償責任を問いたいと思います。

■代理人団は、日本製鉄、三菱重工業、不二越だけでなく、日本の加害企業の対象を拡大しながら、継続的に訴訟を提起していきます。これとは別にに、代理人団は、日本加害企業に速やかに強制動員被害者に対する被害回復に乗り出すことを促します。さらに日本植民地時代の時代に広く強行された強制労働について日本政府と加害企業の公式謝罪と自発的な被害補償が行われることを期待します。また、韓国政府は、強制動員被害者と遺族に最高裁判決とその後の訴訟の状況を通知することにより、強制的に動員被害者の憲法上の基本権である裁判請求権が実質的に保証することができる方案を講じてください。


More
# by fujikoshisosho | 2019-04-04 13:31 | 韓国レポート | Trackback | Comments(0)

強制連行被害者集団訴訟へ 光州

[報道資料]  日本語訳(李洋秀さん)

日帝労務動員被害集団訴訟、5日間で239件受付け

恨み多い事情を抱き光州(クァンジュ)市役所の嘆願室受付窓口毎日、大変な混雑炭鉱というだけで当時、動員した企業名も分からない遺族は気が気でない軍人、軍属被害者は無念に引き返したり

光州全南(チョンナム)地域の日帝労務動員被害者らが日本の戦犯企業を対象にする集団訴訟参加申請が、去る3月25日から始まった中、3月29日まで5日間で合計239件が受付けられた。
日付別では3月25日が42件、26日29件、27日52件. 28日57件、29日42件、書留郵便受付が17件である。去る3月19日の記者会見以後、訴訟に参加する電話での問い合わせも500件を越えた。
訴訟受付が始まった去る25日から被害者家族の申請と相談問い合わせで、光州市役所の嘆願室に用意された受付窓口は5日間続きで、大変な混雑になった。 申請者たちの残念な事情も列をなした。徐(ソ)某氏(73歳、光州市南区真月洞(チヌォルトン))の父親は1941年5月、巡査によって強制的に連行され長崎にある炭鉱に動員された。1945年切羽での作業中、天井が崩れたせいで頭、胸などに大ケガをした。以後、長崎大学病院に入院して応急治療を受け、1945年11月に海南(ヘナム)の自宅に帰国した。病床に横になり毎日血を吐き、5年間苦しんで1950年2月、42歳の若さで死亡した。息子の徐さんは「小学校は1年だけ通い、父の病気のせいで中退した後、学校に通えなかった」と鬱憤を吐露した。

光州市西区良洞(ヤンドン)に住む安(アン)某さん(50歳)は、貴重な資料を持参した。祖父が長崎県西彼杵郡に所在する三菱鉱業(株)崎戸炭鉱に動員され、死亡した理由が書かれた日本人研究者の手紙だ。日本人で朝鮮人強制動員の研究者林えいだいさんが朝鮮人強制連行に対して調査していて間発見した火葬許認可証にある被害者の名前を見て、1990年被害者の本籍地で被害者の死亡経緯が入っている事実を記した手紙を送ってきたのだ。その手紙には被害者が働いていた場所が、正確に書かれていた。

羅州(ナジュ)の羅(ナ)某氏(51歳)は、母の事情を持って来て申請した。お母さんの崔(チェ)某さん(89歳、生存)は、13歳で光州カネボウ紡績工場に動員され一日12時間以上布を織る仕事をしたが、当時日本人管理者から暴行され片方の目を失明した。失明した後、人の多い所には行くこともできず、70年余り佗びしい生活を送って来た。羅さんは「片目だけで一生を過ごされた母の人生は、何をして貰っても補償になられないが、真心に充ちた謝罪と補償を必ず受け取りたい」と、訴訟に参加する申請をした。

電話で問い合わせしてきたある被害者の家族は、母方のおじ3人が皆、強制動員された。二人は当時動員地で死亡し、1人は行方不明だ。母方のおじ三人全員結婚しない状態で動員され、死んだり行方不明になる無念な思いを強いられたが、母方のおじの両親兄弟全員亡くなった後なので、慰労金を一銭も受け取れなかった。現在残った最も近い家族が孫である自身だが、母方のおじと母方の祖父、母方の祖母の血と汗の恨を晴らしたいと、訴訟が可能か尋ねている。 京畿道(キョンギド)安山(アンサン)に居住する金(キム)某氏(65歳)は、今まではどこに訴えたら救済を受けられるのか方法が判らず、何の声も出せなかった。 今回、集団損害賠償訴訟を進めるというニュースを聞き、本当に幸運と思った。 何よりも父親が遺言として残した「私が死んだ後に、その恨を晴らして欲しい」という言葉に、子息としての道理から参加することにしたと、感謝を伝えた。

今回の集団訴訟は、光州全南に居住している日帝戦犯企業労務動員被害者で、韓国政府から被害事実を認められている被害者が申請対象だ。これをよく知らないでに来た軍人、軍属の被害遺家族たちは、後に機会がある時は連絡を欲しいと、無念な思いでに引き返った。

また炭鉱で働かされたことは分かるが、どこの炭鉱で働いたのか判らないある遺族は、「当時、とても幼くて、父の言葉をきちんと記録できなかったことが後悔だ。」と悔しがった。

一方、政府を通じて被害者に認められた光州全南地域労務動員被害者だけで、合計2万 6,540件になる。

今回の訴訟に参加するためには、行政安全部の「対日抗争期強制動員被害支援課」(02-2195-2300)から「強制動員被害審議決定通知書」1通(動員企業及び動員年月日確認資料含む)、「国外強制動員犠牲者慰労金等支給決定書」(該当者の場合) 1通、除籍謄本、家族関係証明書、住民登録謄本が1通ずつ必要だ。受付は4月5日まで、光州市役所1階嘆願室に用意された受付窓口で出来る。

「民主社会のための弁護士の会、光州全南支部」と「勤労挺身隊おばあさんと共にする市民の会」は申請受付が終われば、まず被告企業の特定が可能な申請者を選別する作業を経て、4月末までに追加訴訟を起こす予定だ。

○ 問い合わせ:062-365-0815. 
安英淑(アン・ヨンスク)共同代表010-9268-6750
2019年3月31日 勤労挺身隊おばあさんと共にする市民の会共同代表
李国彦(イ・クゴン)、安英淑、金正煕(キム・ジョンヒ)


# by fujikoshisosho | 2019-03-31 22:48 | 韓国レポート | Trackback | Comments(0)


連絡先  メールhalmoni_fujikoshisoson@yahoo.co.jp


by fujikoshisosho

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

更新案内

2019.4.4 徴用工訴訟追加提訴 不二越も

カテゴリ

不二越強制連行・強制労働とは
第二次訴訟年譜
原告の証言
国内での抗議行動レポート
韓国レポート
寄稿
関連1. 一次訴訟 金景錫さん
関連2. 外国籍差別問題
関連3. 原発と不二越訴訟
不二越会社動向
日韓交流
関連動向
出版物の販売
連絡会ニュース
リンク集
企画
問い合わせ

最新の記事

5月26日、KNB放送で不二..
at 2019-06-01 15:35
2019.5.1 不二越 韓..
at 2019-05-01 12:08
2019.4.29 韓国光州..
at 2019-04-29 16:43
2019.3.25~4.5光..
at 2019-04-08 14:22
2019.4.4 徴用工訴訟..
at 2019-04-04 13:31

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...

検索

ブログパーツ

画像一覧

ブログジャンル

時事・ニュース
法律・裁判