第2回口頭弁論。原告、YCIさんとPSBさんが意見陳述。

陳 述 書

原告番号20 YCI

1 私はYCIと申します。私が挺身隊に勧誘されたのは1944年6月ころで、当時私は16歳でした。

2 挺身隊のことは、顔見知りの朝鮮人の区長から話がありました。区長は私に何枚もの写真を見せて日本に行くように勧めました。写真には日本の女学生が働いているところや生け花をしているところなどが写っており、大変きれいに見えました。区長は、「日本に行けば、こういうところで仕事もいいし、金もうけもできる」「生け花、ミシンも教えてくれる」等と甘いことを言って私を挺身隊に勧誘しました。それで、私はお金がもうかるし技術も身に着くし習い事もできるしということで、日本のどこでどんな仕事をするのかもわからないままに区長の勧誘に応じました。

4 富山に着いたときはこれからいろいろなことができると嬉しかったのですが、不二越での生活は厳しく、私たちはだまされたのだと気付きました。
 私たちは、鉄の棒に旋盤で穴をあけて飛行機の部品を作る作業をやらされました。本来は20歳過ぎの男の工員が行うきつい仕事でした。鉄の棒は肘から手首ぐらいの長さで、太さは腕ぐらいの重いものでした。旋盤の仕事は危なく、指や手に生傷が絶えず、私は右手の親指を機械で切り、2、3針縫いました。現在も右手親指の爪は変色し曲がっています。
 工場は、昼夜の1週間交代勤務制で、機械を休ませずに操業し続けていました。食事時間は20分程度で休憩時間はありませんでした。私たちの作業は1日中立ちっ放しで行うものでしたので、足がむくんで痛くて大変でした。私は、右足が炎症を起こし約20日間も入院し、足首に穴を2箇所開けてホースで膿を取り出す手術を受けました。

5 このように仕事は重労働でしたが、食事は貧弱でした。とにかく量が少なかったです。少しの御飯と、朝はみそ汁、昼は沢庵、夜はおかず一品で魚や肉類は一度もでたことはなく、いつも腹を空かせていました。私は、年齢の割に体が大きかったので、いつも、非常にひもじい思いをしていました。このような生活の中で、日本に来てから生理も止まってしまいました。

6 家に手紙を出す時には、何を書いたか舎監に見せてから封をさせられました。家から来た手紙も検閲されました。

7 給料については、担当の舎監は、帰る時にまとめて払うと説明していましたが、結局払ってもらっていません。お金がもうかると聞いていたのに、ただ働きになってしまいました。

8  また、生け花も2回見学しただけで教えてもらっておらず、ミシンも教えてもらっていません。これもでたらめでした。

9 私はだまされて連れて来られた不二越で一生懸命働きました。まだ幼い子供が空きっ腹で、奴隷のように働き、栄養不足でボロボロになり、乞食のようでした。
 私は当時、挺身隊の歌の替え歌を先輩に教わり、つらいときに同僚と歌って気を紛らわせようとしました。今でも歌えます。その歌詞は「富山来るときうれしかった 一夜過ごせば悲しさよ いつかこの工場去るでしょうか いつか不二越去るでしょうか ああ ああ 陰でなく涙は」というものです。

10 私は、いわゆる関釜裁判の原告として戦いましたが不当にも請求は認められませんでした。第1次不二越訴訟の最高裁和解では,米国で不二越を被告とする訴訟を準備していた4名の被害者は和解の当事者となりましたが,国相手の訴訟に取り組んでいた私たちについては,同じ被害者でも,不二越は私たちが和解の当事者として参加することを認めようとしませんでした。私は、このような不二越をどうしても許せないので、今回の裁判に参加しました。
謝罪がなされるべきです。もちろん、私たちが働いた賃金は支払われるべきだと思います。私は、人生の貴重な青春の時代を失ったのですから、これに対する補償がなされるべきです。
# by fujikoshisosho | 2008-07-07 17:46 | 原告の証言

原告Kさんの証言

私は…1929年6月22日に生まれ,現在74歳です。
 私が挺身隊に勧誘されたのは1945年3月で,当時私は15歳でした。私は9歳のときに麗水西国民学校に入学したので,当時は国民学校6年生でした。
 私の家族は麗水市に住んでいて,父が病気のため母が働いて収入を得ていました。兄弟は私の上に3人いましたが,いずれも当時は既に結婚して家を出ていました。唯一家に残った子供だった私は,学校から帰った後は,母を助けて家事をしていました。
 挺身隊のことについては,最初は学校の担任の先生からクラスの子供たち全員に対して話がありました。挺身隊に行けばお金を稼ぐこともでき,仕事が終わった夜間には学校にも行けるという話だったので,私は挺身隊はいい所なんだと思っていました。
 1945年3月のある日,郡庁の役人のオオヤマという人から母に連絡があり,私と母が郡庁に呼ばれました。郡庁には私たちと同じように呼びつけられた親子が何人も来ていました。オオヤマさんは「挺身隊に行けば勉強ができる」「安全な所だから心配ない」「お金も稼げる」と言って,私を挺身隊に勧誘しました。仕事の内容は飛行機の塗装や清掃などの簡単な作業だということでした。当時私たちは,学校で日本は豊かな国だと教わっており,私は,日本で働いてお金を稼ぎ,少しでも家計を助けたいと思って挺身隊に行くことを決めたのです。
 しかし,挺身隊として富山に来て,間もなく自分が騙されていたことに気がつきました。「勉強ができる」という約束とはまったく異なり,私たちは不二越に到着するなり厳しい軍隊式の訓練を強制されたのです。このときから,私は,いつも早く韓国の家族のもとに帰ることばかり考えていましたが,結局終戦まで帰ることはできませんでした。
 私は何度も寄宿寮にいた日本人の先生に韓国に返してほしいとお願いしたのですが,船便がないからだめだという返事でした。私の両親は,字の読み書きができないので,私から手紙を書くこともできなければ,両親から手紙が来ることもありませんでした。ですから,ただただ両親に会いたくて本当に寂しい思いでした。
 不二越の仕事は,子供だった私にとっては大変きついものでした。来る日も来る日も旋盤で鉄材を削る作業を繰り返しました。材料の鉄を旋盤に取り付けるため運ぶ作業ですら,子供だった私にはきつい作業でした。旋盤は大人用に作られていたので,背の低い私たち挺身隊員の多くが,足下に30センチほどの高さの木箱を置いて作業しました。旋盤を操作するハンドルは私には動かすのに非常に力がいり,また,時々旋盤から鉄屑が飛んできて目に入ったり,熱く焼けた鉄屑のために焼けるような思いをすることがありました。
 1日に完了すべき仕事のノルマが決められていて,それを達成しないとひどくしかられました。仕事の監督にはタムラ伍長と呼ばれる日本人の年配の男性が当たっており,仕事が遅れると厳しく私たちをしかりつけるのです。私たちが仕事を間違えたり,仕事のできが悪いときには,木の棒で肩や背中を叩くこともありました。私自身も何度か叩かれました。タムラ伍長は背も高く太っていて,子供の私たちにとっては本等に恐ろしい人でした。仕事は朝の7時から12時間にわたって続き,いつもへとへとで,夜はぐったりと疲れて寝込むのですが,疲れがとれず日中も居眠りしそうでした。
 こんな重労働させられたのに,私たちが与えられたご飯の量はとても少ないものでした。朝食が足りないので,昼食用として渡される三角パンを朝のうちに食べてしまい,昼には食べるものがなく,午後はおなかが空いてたまらない状態で,さらに仕事を続けなくてはなりませんでした。
 宿舎もひどいものでした。畳はとても不衛生で,夏はノミ,冬はシラミがいっぱい発生し,その上ではとても眠ることができなかったので,私たちはみんな自分の布団を片付けるための押入の板の間に布団を敷いて寝ていました。お風呂にも1週間に1度も入れないことも度々あり,あまり汚いので自分で洗面所で体を拭いたりもしました。
 寮の玄関付近には管理室があり,そこにはいつも日本人の先生たちがいて私たちの外出を監視していました。朝は工場に行く前,夜は工場から帰ってきた後には必ず点呼があり,外出することは許されませんでした。言うことを聞かないと,韓国に帰さないと言われていたので,私たちは先生をとても恐れていました。外出することもできず,毎日毎日,仕事をしたらあとは疲れ果てて寝るだけの生活でした。
 1945年8月15日の解放の日の数か月前から,毎日のように空襲警報や警戒警報が鳴るようになり,警報が鳴ると,私たちは布団をかぶって逃げました。夜,空襲警報が鳴ると怖くてその後も眠れず,翌日の仕事も眠たくて仕方がありませんでしたが,居眠りするとタムラ伍長から激しく叱られるので,眠たいのを必死に我慢して働きました。
 挺身隊に勧誘された時は,お金が稼げるという話だったのに,こんなに苦しい思いをさせられながら,私たちは一円の給料ももらえませんでした。寮にいた日本人の先生たちに,賃金はもらえるのか尋ねると,答えはいつも「分かった。分かった。韓国に帰るときにお金は必ず渡す。」という返事でしたが,それも嘘でした。帰国するときにも賃金をください,日本円でもらっても仕方ないから韓国のお金でくださいという話をしましたが,日本人達は全く聞く耳を持たなかったのです。私たちは日本を信じて働きに来たのです。そんな幼い私たちを騙して日本でこき使った日本人には,私たちを騙したひどい人たちだという恨みを持ちました。今もそのことを思うと腹が立って仕方ありません。
 私は,1945年10月に韓国に帰国することができました。
 韓国に帰ってからは,韓国の人は皆,挺身隊と聞けば慰安婦のことだと思い込むので,両親以外には誰にも挺身隊のことを話すことができませんでした。一緒に挺身隊に参加した友達と会ったときですら,お互いに挺身隊の話はしないようにしていました。私は20歳のころに結婚しましたが,夫や子供にも,ずっと長い間挺身隊のことを話すことができませんでした。今から10年ほど前に,初めて挺身隊に参加していたと話すことができました。
 私が不二越で挺身隊員として働いてから60年近くの時が経ちました。しかし,今でも時々,不二越でつらい仕事をさせられ,ひもじい思いをしたことを思い出します。その度に,挺身隊への勧誘の言葉を信用した自分のことが,悔しくてなりません。あんな馬鹿なことをしなければ,つらい思いをしなくてすんだし,慰安婦と間違われることを恐れて自分の経験を隠すようなことをしなくてすんだのです。
 子供だった私たちを騙し,つらい労働させた上に,賃金も払わず放り出した不二越や日本の国には,強い憤りを感じます。私たちも年をとり,何時まで生きていられるかも分かりません。どうか,1日も早く責任を認め,適切な補償をしてください。(03.7.9 1審第1回口頭弁論時の陳述書より)
# by fujikoshisosho | 2008-07-07 17:35 | 原告の証言

原告Sさんの証言

私はSと申します

 この裁判で、被告らは時効を理由に責任を否定しているそうですが、私は、なぜ今日まで裁判に訴える事ができなかったのかについて意見を述べたいと思います。裁判官には心の耳を傾けて聞いていただきたいと思います。

 私は1930年5月15日に生まれ、現在74歳です。1945年1月ごろ、14歳のときに、日本人教師に勧誘されて、不二越へ来る事になりました。不二越では、貧しい食事しか与えられず、大人がするきつい旋盤の仕事をさせられました。日本人の班長が殴ったり、けったりしてノルマを達成するように強要されました。

 そのために、2ヶ月ほどで疫病にかかり、仕事中に工場で倒れて、1ヶ月ほど入院しました。高熱が何日間も続き、髪の毛が全部抜けてしまい、このまま家族に会えないで、死んでしまうのではないかと、毎日毎日泣いていました。

 日本が戦争に負けて、10月になってようやく博多港を経由して韓国に帰ることができました。「進駐軍が写したフクオカ戦後写真集」の中の「帰国を喜ぶ少女達」の中に、不二越から帰るみんなと一緒に私も写っています。

 私も、私以外の挺身隊参加者も、不二越に行っていたことについて、他人には話をしませんでした。「幼い時に日本に行った」と言うと、韓国では、誰もがみんな「慰安婦」と考えるからです。それで、決してだれにも話しませんでした。ましてや衆目の中で、裁判に訴えるなど到底できないことでした。

しかし不二越で生活したことは、いつも私の頭の中に残っています。私は心臓がよくありません。不二越で受けた空襲のことをたびたび思い出しますが、そんな時は、心臓がドキドキして眠れなくなります。大きな音がすると、動悸がするため、子どもたちには大きな音を出さないようにと言ってきました。

私たちは不二越に強制連行され、強制労働させられながら、給料も支払われず、何の補償も受けず、慰めの言葉一つ聞けず、空襲で受けた恐怖と精神的な傷によって、今でも健康が侵された状態で、苦しみが続いています。

 私が死ぬまでにこの被害を解決し、名誉を回復したいのです。私が死ぬその日までに、この問題を解決できなければ、私のハン(恨)は解けないでしょう。

私は不二越から帰った後、2年ほどして結婚しました。私は女子勤労挺身隊として不二越に行っていた事を恥ずかしい事だとは思っていなかったので、結婚当初から日本に行っていたことを夫に話しました。その後、夫はラジオを聞いて、「おまえも慰安婦だったのだろう。汚い慰安婦とは暮らせない」と言い、私に暴力を振るうようになりました。そして長い別居の後、私が44歳の時に4人の子を残して夫は亡くなってしまいました。

 その後は、あらゆる苦労をしながら、4人の子どもに教育を受けさせ、結婚までさせましたが、子どもたちも私の事を「慰安婦だったのではないか」と誤解し、恥ずかしく思い、往来をしませんでした。私は孤独な生活を強いられ、心臓病に苦しんでいるうちに健康が非常に悪化し、10年前からどんな仕事もできなくなりました。

 私は、幼い歳で何も知らないまま、日本の為に言われるとおりにやっただけですが、そのきつい苦労の対価として、今までの人生で夫と子どもたちに無視され、「慰安婦だった」というくびきを掛けられ、一生を涙で生きなければなりませんでした。私は、子どもたちにだけでも、このくびきを解き放たれた姿を残して逝きたい心情です。

 私の無念さとハン(恨)が解けなければ、死んでも霊魂が泣きながらさまようことでしょう。どうか、このハン(恨)多き老女の状況をお察しいただいて、残りわずかな余生ですが、平安に暮らすことができるようにしていただけることを、切にお願い申し上げます。

 最後に、今年の3月には、韓国の国会で、「日帝強占下強制動員被害真相糾明法」が成立しました。日本による植民地支配と侵略の実態を明らかにする事は韓国国民の総意であり、私の気持ちでもあります.

 このように韓国において、ようやく日帝の戦争責任を追及できるようになったにもかかわらず、日本の裁判所では時効によって、私達の権利が消滅したという判決が続いていますが、到底納得できません。

 また、不二越が強制連行・強制労働について謝罪もしないで、韓国企業三星電子と取り引きしていましたが、不二越が戦犯企業であることを知った後、6月11日、三星電子のキム常務が不二越富山本社を訪問して、明石副社長らと会談しました。

 その会談の中で、不二越が「懸案問題について、最善を尽くして円満な解決に努力する」と答えたと、三星電子から聞きました。

 その知らせを受けて、7月13日、原告団の代表が不二越富山本社を訪問して、誠実な回答を求めましたが、不二越は「原告とは話しをしない」という態度に終始し、「円満な解決に努力する」という姿勢に程遠いものでした。

 この場で改めて、不二越は三星電子への回答を踏まえて、強制連行被害者に誠実な対応をされますよう訴えます。

 最後に、日本国と不二越がわたしたち強制連行被害者に誠実に謝罪と補償をする事をお願いして、陳述を終えます。 ( 04.7.28 1審第4回口頭弁論)
# by fujikoshisosho | 2008-07-07 17:34 | 原告の証言


第二次不二越強制連行・強制労働訴訟を支援する北陸連絡会  連絡先  メールhalmoni_fujikoshisoson@yahoo.co.jp   電話 090-2032-4247 住所 〒090-0881富山市安養坊357-35


by fujikoshisosho

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

更新案内

韓日青少年平和交流団 富山訪問

カテゴリ

不二越強制連行・強制労働とは
第二次訴訟年譜
原告の証言
国内での抗議行動レポート
韓国レポート
寄稿
関連1. 第一次訴訟
関連2. 外国籍差別問題
関連3. 原発と不二越訴訟
不二越会社動向
日韓交流
関連動向
出版物の販売
連絡会ニュース
リンク集
企画
問い合わせ

最新の記事

2018年11月30日、東京..
at 2018-11-25 11:48
2018.11.21 韓国不..
at 2018-11-21 22:05
2018.11.9 不二越富..
at 2018-11-10 17:22
ついに10月30日(2018..
at 2018-10-26 17:12
関西生コン労組への不当弾圧を..
at 2018-09-23 12:50

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
more...

検索

ブログパーツ

画像一覧

ブログジャンル

法律・裁判
歴史